歯医者での麻酔の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯医者が麻酔をかける時

麻酔とは、一時的に神経の機能を低下させ、痛みの感覚や意識を失わせることを言います。方法としまして、全身に行う方法と部分的に行う方法と薬を使用して行う方法があります。そのうち歯医者が行うものは部分的に行う方法で、注射を使用して行います。その理由は、虫歯の抜く時に痛みをなくすためにかけるのですが、部分的に行うだけで痛みがなく治療を行えるのと、終わった時に神経の機能が早く回復するためであります。また、注射をする時に痛い時がある時はその方法をやめて他の方法で行う時があります。その方法は、薬を染み込ませたガーゼを口の中の粘膜面にあてるか薬が入ったゼリーを塗ってしばらく放置をしておくと浸透していき、治療が開始となります。このように歯医者が行う麻酔とは、部分的に行う方法がメインであると言えます。

唯一、麻酔を受ける場所

麻酔を受けるような機会はそうそうないですが、唯一よく受ける場所があります。そこでは意外と結構な頻度でされているように思います。レントゲンも、ほとんどそこでしか受けません。その場所というのは歯医者です。虫歯になるとレントゲンを撮って、麻酔をして治療を受けることがほとんどです。もっと早くに虫歯に気づけたらそうしたこともなく治療を受けられるのでしょうが、気づいたころには結構深くまでいってしまっていることがあります。もっとまめに定期検査を受けるなど歯医者に行っていれば、そうしたことなく歯も健康でいられるのだろうなと反省しています。